ティンバライズはさまざまな木造建築を設計しています。実作プロジェクトでは、最新の技術を使った木造建築、プロトタイプとしての木造建築など新たな可能性を持つ木造建築を設計しています。
NEXT PROJECTでは、近い将来実現していくべき木造建築を提案しています。

実作プロジェクト

  • 糸魚川市駅北復興住宅

    糸魚川市駅北地区に起きた大火からの復興の象徴となる共同住宅です。2棟構成の3階建木造準耐火構造の建物。ナカニワ、ガンギミチ、コウジという3つの通り道が特徴です。

    >> 詳しくはこちら
  • 矢吹町中町第一災害公営住宅

    福島県矢吹町の災害公営住宅を木造で計画しました。外周まわりのスラブに厚板集成材を使用するデザインは共同住宅等の準耐火建築物のプロトタイプとして活用できると考えています。

    >> 詳しくはこちら
  • 赤羽の集合住宅

    木質接着複合パネルによる4階建ての集合住宅です。一般の設計者・施工者にも利用可能なものとする《オープンな新しい仕組み》の構築を目指しました。

    >> 詳しくはこちら
  • 下馬の集合住宅

    一般被覆型耐火部材による1時間耐火建築物の集合住宅です。集成材の柱とフラットスラブが鉛直力を支え、外周を覆う木の斜め格子が水平力を負担し、空間を柔らかく包みこみます。

    >> 詳しくはこちら

NEXT PROJECT

NEXT PROJECTでは近い将来実現していくべき木造建築を提案しています。木造建築の新しいヴィジョンを提示することで、木材利用や技術開発の推進につながっていくことも期待しています。

NEXT PROJECTはこちら

コンペ案

理事の活動

  • 金沢エムビル

    所在地 :石川県金沢市
    建築設計:-architect office- Strayt Sheep
    構造設計:腰原 幹雄(東京大学生産技術研究所)
         株式会社KAP(桐野 康則)

    >> 詳しくはこちら