一場木工所オフィス
2020年

<都市木造の技術で、平屋の非住宅木造のロールモデルを>
都市部で多層、高層の都市木造が建ちはじめ、都市木造の技術は日々進歩しています。一方、地方では高層の木造建築の必要がない物件が多いというのが実情です。そこで、このプロジェクトでは都市木造の技術を使って、 平屋の非住宅木造建築の新しいロールモデルを生み出すことを目指しました。

<LVLキーラムストレストスキンパネルの組立梁>
LVLのキーラムストレストスキンパネルを組立梁として採用しました。12メートルを超える組立梁を工場で製作することで、工期短縮を可能にしました。また、柱のない4メートル以上の大きなキャンチレバーの庇を実現しました。 LVLは規格品として作れる国内最長の長さ、国産材で作れる最もヤング率が高い材を使っています。

<テラスと一体的に使える開放的なオフィス>
LVLによる4メートル以上の庇、集成材による10メートルの大開口を柱のない空間で実現しました。開口部の木製建具はすべて引き込むことができます。 テラスと一体的に使える空間にすることで、開放的で気持ちのいいオフィスになるだけでなく、セミナーやワークショップをこれまで以上に積極的に開催することができます。

<国産材のLVL、集成材、製材を適材適所に使った木造>
構造材はすべて国産材を使っています。LVLと集成材はヤング率の高い国産材を使い、製材は広島を中心にした地域 のJAS製材を使っています。また、外壁や内装の仕上げ材にも地域材を使っています。
小規模でシンプルな平屋の木造建築ですが、だからこそこれからの非住宅木造に必要な、ロールモデルの一つになりうると考えています。

建築データ

 意匠設計:株式会社HUG 、株式会社河本組、NPO法人 team Timberize
 構造設計:株式会社MID研究所
 企画  :有限会社一場木工所

 建築用途/事務所
 所在地 /広島県三次市
 構造  /木造
 階数  /1階
 延床面積/126㎡
 竣工  /2020年4月