ツキイチLABO【第6回】
2019/6/14

【第6回】矢吹町復興まちづくりマスタープラン+第一区自治会館

福島県西白河郡矢吹町は、奥州街道沿いに栄えた人口1万8000人ほどの宿場町です。古くは湖の一部だったと言われる軟弱地盤のため、平成23年の東日本大震災では町内住戸の30% にあたる1800戸が全半壊となりました。この損壊率は、津波被害のない内陸部の市町村では最大のものです。
本レクチャーでは、『矢吹町における復興まちづくりマスタープラン』の提案者である太田浩史氏(株式会社ヌーブ 代表取締役)をゲストに迎え、復興まちづくりマスタープランおよび第一区自治会館の設計について解説します。また、第一区自治会館の構造設計者である加藤征寛(株式会社MID研究所 代表取締役、NPO法人team Timberize理事)による構造計画から施工までの全プロセスを図や写真を使って詳細に解説します。
また終盤には、2016年の熊本地震により甚大な被害を受けた南阿蘇鉄道において現在計画中である『くまもとアートポリスプロジェクト南阿蘇鉄道高森駅周辺再開発グランドデザイン』の概要をご紹介します。
【モデレータ】加藤征寛(株式会社MID研究所 代表取締役、NPO法人team Timberize 理事)
【ゲスト】太田浩史氏(株式会社ヌーブ 代表取締役)
【日時】2019年6月14日(金)19:30〜21:00(その後懇親会の予定)
【場所】イトーキ東京イノベーションセンターSYNQA(東京都中央区京橋3-7-1 相互館110タワー2F)
(日時、場所が変更になる可能性があります。変更になる場合は参加者にメールなどでご連絡いたします。)

【ティンバライズ ツキイチLABO 第6回 参加者追加募集のお知らせ】
6/14(金)ティンバライズ ツキイチLABOの開催にあたり、第6回の参加者を追加募集することになりました。木材を積極的に利用した復興まちづくり一緒に考えてみたいという35歳以下の方、ぜひご参加ください。

※スタート時間が30分遅くなりましたのでご注意ください。またそれに伴い、受付開始時間も19:00~になります。
※第4回と開催場所は同じですが、会場が異なります(2Fセミナールーム)のでご注意ください。

【参加お申し込み方法】
氏名、所属、メールアドレス、電話番号、懇親会の参加不参加をご記入の上、seminar@timberize.com までメールにて申し込みください。
【お問い合わせ】seminar@timberize.com までメールでお問い合わせください。
【参加資格】35歳以下 (学生も参加可能です)
【追加募集人数】15名 (先着順)
【注意】すでにエントリーいただいている方は、改めてお申込みいただく必要はありません。
【参加費】1,000円(第6回LABO)
【懇親会参加費】 500円
【参加費、懇親会費のお支払い方法】参加当日、受付にてお支払いください。
(お釣りのないようにしていただけると助かります。)
【お申し込み締切日】2019年6月11日(火)