表参道7プロジェクト
        
2010年に開催した展覧会「ティンバライズ建築展 ~都市木造のフロンティア~」のために設計した、仮想プロジェクトです。
----------
東京の中心部にある明治神宮の森。都心の中に広がるこの森が人工の森だということをご存知ですか?「永遠の森」を目指して、大正時代に将来自然の森となるように作られ、樹種の構成を選定し、世代交代を繰り返すことで、現在の姿になりました。この森に隣接する表参道及びその周辺地域には現在、さまざまな建築物が建ち並びます。高層のオフィスビルや商業施設、学校、集合住宅・・・。そこに建つ規模の大きな建築物はすべて、鉄かコンクリートで作られています。
今回、明治神宮の森を目指す表参道を舞台に、7つの木造建築プロジェクトを計画しました。最新の耐火技術と構造解析による高層木造建築のプロトタイプや、「木」という素材の特徴を生かした建築、木造の可能性を広げる建築など、様々な角度から、これからの「都市の木造建築」を提案します。

30

lattice

cube

petal

solid

plate

helix




技術開発支援
        
ティンバライズが企業や協同組合などと共同で技術開発に取り組んだプロジェクトです。
これからの木造建築の発展につながっていくことを目指しています。

エコサイトハウス G2

エコサイトハウス G2
2014年

エコサイトハウス

エコサイトハウス
2013年

木質ハイブリッド耐火建築物プロトタイプ

木質ハイブリッド耐火建築物プロトタイプの提案
2011年

津波避難ビル

木質ハイブリッド耐火建築物による津波避難ビル
2011年

要町Kビル

要町Kビル
2010年



コンペ
        
ティンバライズとして参加したコンペ案です。
新しい木造建築の提案として設計しています。

草薙体育館



静岡県草薙総合運動場体育館プロポーザル応募案
最終審査進出 / 2011年2月

球磨高校



熊本県立球磨工業高校管理棟改築設計競技応募案
2011年2月