Timberize とは

木でつくることをあきらめたもの、
木でつくれないと思っていたものが、
木でつくれるとしたら、
街はどのように変わるのでしょうか?

日本では古くから木材を使って建築を作ってきました。
法隆寺に代表される伝統木造建築は日本の誇るべき文化です。
しかし、木造建築はそれだけではありません。

2000年の建築基準法改正により、木造建築でも耐火建築が建設可能になりました。
どこにでも、どんな用途でも。
一方、近年では様々な木材が開発されています。
硬い木、柔らかい木、腐り難い木、燃えにくい木、・・・。

近代以降、鉄やコンクリート、プラスチックに置き換えられてしまった「木」が新しい材料として、
今もう一度、建築の主役に躍り出ようとしています。


木というと英語で<wood>がすぐに思いつきますが、丸太は<log>、
人の手によって加工された材木とか製材は、<timber>と呼ばれます。
timberizeは「timber」から考え出された造語です。


team Timberize は「木」を新しい材料としてとらえ、木造建築の新しい可能性を探っていきます。